観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

のどかでおだやかで身体に優しい日替わり定食|カフェこだまは子連れでも安心!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

一人暮らしで普段野菜をあまり取れていません。。。
子連れで周りの目がきになっちゃう。。。

なんて方にはオススメのカフェを発見しました。
松江市東忌部町にあるカフェこだまです。
なんとも言えない、優しくってほんわかしちゃう感じのカフェ。
詳しくレポートしていきます!



カフェこだまへのアクセス 店内の様子

忌部(いんべ)と聞くと、松江市民の方には、街から離れた田舎のイメージ?があるそうです。
確かに忌部はお隣雲南市との境にあるので、街中と比べれば住宅も少なく牧歌的な雰囲気が多少ありますw
でも、カフェこだまは田和山から車で約5分ほどと程よい場所にあるので、気軽にお出かけできますよ。

お店の外観はこんな感じ。店の周りには車が8台ほど駐車できます。

店内の様子

道路側の窓はしっかり最高してあり、お店全体が日光に包まれたかのようなあたたかい雰囲気です。

ハンドメイドの商品や、

本やハーバリウムなど、全体を通して穏やかな気分にさせてくれるんです。

お子様連れも安心です

以前一度来店した時はこちらの座敷席にお子様連れのグループが大勢いらっしゃいました。
ママさんからママさんへ人づてに徐々に人気になっているのだそうです。

メニュー&注文!

メニューはいたってシンプルです。

本日注文したのは、

日替わり定食 600円

って安くないか!?
このご時世、ランチはだいたい1000円近くかかるものだけど、とっても良心的なお値段にびっくり。

待っている間はこだま通信?を眺めながらのんびり時間を過ごします。
過去の定食の写真とメニューを見ると、料理のレパートリーがとても多くて驚き。

ちなみに本日のお品書きはこちら!

このメニューは10枚集めるとドリンク無料になるそうです!
そんなこと言われたらまたきちゃうじゃない。。。にくいよ。

さて、お腹ペコペコになりましたが、しばらく待っていると運ばれてきましたよ〜

うまそう。。。そして超健康的。
メニュー的には料理上手なかあちゃんの手料理のテイストもありつつ、肉も野菜もしっかり取れるメニューに心踊る。

男は黙って米からいくさ!
地元忌部さんの米は一粒一粒しっかり立っていました。
そういえばお米を産地で食べることってなかなか経験できないことですよね。貴重だ!
ごはんはおかわり自由なので、おなかペコリーノさんにも嬉しいですね〜

では、まずはらっきょうタルタルチキン南蛮から。
チキンの甘い照り焼きのようなソースとタルタルソースがめっちゃ合うんだけど、特にソースの中のらっきょうが程よい酸味とシャキシャキした食感で口の中を盛り上げてくれるんです。美味!

おからひじきってあまり期待してなかったんですが、これめちゃくちゃうまかったですよ。
おからの中に絶妙なうすーい甘さが含まれていて、かつそこまでぼそぼそしていないので、ご飯のおかずにぴったりでした。
これだけでご飯2杯いけちゃいそう。

こちらはこごみのチャチャッと炒め。
こごみってなかなか食べる機会のない、旬のものですね。
ベーコンと合わせてあるのがかなり意外な組み合わせでしたが、薄い味付けでベーコンの脂がしっかり絡んでいました。

高菜のおつけものはお口直しに欠かせない。
ほんのりぴりっと口の中を刺激してくれて、さらにご飯がすすんでしまう。

 たけのことキャベツの味噌汁。
こちらが結構意外だったんですが、たけのこは薄く切られているので、あまり主張することなく。
キャベツはとろとろに煮込んであったので、まるで洋風のスープを食べているような感覚になりました。

ニャンコ先生はこのお店の雰囲気が好きなんでしょうね。仏のような顔をなさっていました。

営業時間 定休日

カフェこだまではモーニング・ランチ・カフェ営業をしています。

カフェこだま
営業時間 10:00-16:00
※ランチタイムは14時までなのでご注意を!
定休日 土日祝
電話番号 0852-33-2225

ぜひカフェこだまにて穏やかな1日をお過ごしくださいね!

 

▼合わせて読みたい▼

近隣のカフェもチェック!

フェHAUS(松江市乃白町)|ランチメニューはガレット一択の潔さ!

アラフォーおっさんが田和山で常夏気分を味わってみた|LA BAR田和山店

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トリセツシマネ , 2019 All Rights Reserved.