観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

出雲大社参拝するなら奉納神楽を体験!2019年GW出雲大社周辺のイベント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

GWに出雲大社へ観光へ行こうと思っているみなさん、もう観光プランは決まりましたか?
出雲大社と、足立美術館と、松江城と、、、
ってなんとなく決めている方も多いかもしれません。

ただ、なんとなくというのが、島根観光をする上で結構危険です。
初めてきた方からは、

「移動にこんなに時間がかかるとは思わなかった!」

とよく言われます。
そう、島根県は一つ一つの観光スポットが距離的に離れているんです。
道路が混雑することも考えたら、行く場所は絞った方が良さそうですね!
ってことで、今日はGWに行われるイベントを出雲市内に絞ってご紹介します。

【4/29追記】出雲大社 神楽奉納

まずは出雲大社で行われるイベントから。

出雲大社では毎年ゴールデンウィークに神楽奉納が行われています。
神楽とは神事において、神に奉納される歌や舞いのことで、現代では一般的な大衆芸能として地域地域で受け継がれています。
神話を題材とした内容が多く、島根県では出雲神楽・石見神楽・隠岐神楽と地域毎に異なった神楽が存在します。

社中と呼ばれる神楽を舞う団体が出雲市と雲南市から日替わりで担当し、1日中神楽を奉納します。

なお、今年はまだ日程が正式に発表はされておりません。
ただ、社中の方より
5月2日(木)9時から16時に出雲大社教神代神楽佐世支部(雲南市大東町)にて奉納神楽が行われることが確認とれています。

出雲大社公式サイトより奉納神楽の情報が公開されましたので、以下まとめます。

開催概要

日時
2019/04/27 (土) ~2019/05/06 (月)
9:30 ~ 16:30
※開始・終了時刻は各団によって変動あり
場所 出雲大社 東神苑「神楽舞台」
観覧料金 無料
問い合わせ 出雲大社 TEL.0853-53-3100

↓場所の詳細↓

スターバックスのある信号・4つのうちの2つ目の鳥居(勢溜)をくぐり、しばらくまっすぐ歩きます。
3つ目の鳥居の先に松の参道がありますので、その右手側に広がる広場で開催されます。
※一番大きな駐車場でもある外苑駐車場からですと、少し戻る形になります。

スケジュール

各社中(神楽団体)のスケジュールです。

4月27日(土) 都神楽団
28日(日) 大土地神楽保存会
29日(月) 出雲大社教神代神楽本部
30日(火) 万九千社・立虫神社神代神楽保存会
5月1日(水) 出雲大社教神代神楽小河内支部
2日(木) 出雲大社教神代神楽佐世支部
3日(金) 出雲國大原神主神楽保存会
4日(土) 出雲大社教神代神楽日登支部
5日(日) 伊野神楽保存会
6日(月) 見々久神楽保持者会
5月 4日(土) 赤塚神楽佐儀利保存会 ※午後5時頃より

 

神楽とは

出雲大社公式サイトより引用します。

~神楽の起源~
さかのぼること遥か神代の昔、舞台は神話の世界に語られた高天原(たかまがはら)です。
伊勢神宮の御祭神、天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、御弟神、須佐之男命(すさのおのみこと)の乱暴に御心を悩まされ、天石屋戸(あめのいわやど)へ籠もられます。
その為、世界は暗黒の闇に閉ざされ、邪物のはびこる混乱の世となりました。
そこで、高天原の神々が集われ、天照大御神の御出現を祈って石屋戸の前で祭祀を執り行ない、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が神懸りの舞を納めます。
天宇受売命の見事な舞に神々は大いに喜ばれ、お隠れの天照大御神が石屋戸から御出現になられたのです。
この「天の石屋戸神話」に伝えられる天宇受売命の舞が神楽の起源といわれています。

~島根県の神楽~
島根県に広く伝わる神楽には、「出雲神楽」と「石見(いわみ)神楽」があります。
「出雲神楽」は島根県東部に伝わるもので、厳かで慎ましい演舞を特徴とします。
その一方、島根県西部に伝わる「石見神楽」は、豪快で派手な演舞を特徴とし、同じ島根県に伝わる神楽でありながら対照的といえます。
昔から老若男女を問わずお馴染みの神楽は、長い歴史の中で様々な変遷をとげながら、それぞれの流派が形成されるなど、各地で独自の姿を残してきました。

ぜひ、この機会に島根に古くから親しまれている伝統芸能・神楽を体感してくださいね!

出雲日御碕灯台“エブリナイト”ライトアップ

日御碕には日本一の高さを誇る灯台や、出雲地域には珍しい朱色鮮やかな日御碕神社、港ならではの海鮮丼など魅力が盛りだくさん。
出雲大社参拝と合わせて観光する方の多いスポットです。

その日御碕灯台では、GW期間中、毎日夜のライトアップが行われます。
緑の日や改元に合わせて、毎日異なった色に照らされ、時間とともに色がグラデーションに変化していく様は一見の価値あり!

日程 2019/04/27 (土) ~2019/05/06 (月)
時間 19:00 ~ 21:00
場所 出雲日御碕灯台
料金 無料
お問い合せ先 日御碕ビジターセンター  TEL:0853-54-5400

日御碕までは、出雲大社から車で約18分ほどの距離です。

出雲日御碕クルージング

この日御碕では2日間の限定で、日御埼の沖合をめぐる観覧船が運行します。
普段は見る事のできない、海側から見る灯台はどのように目に映るのか楽しみですね!

運航日 平成31年4月29日(月/祝日)・4月30日(火)
時間 第1便10:00~ 第2便14:00~
所要時間 約30分程度
料金 大人1,000円
小人 800円(3歳以上~小学生以下)
集合場所 宇龍港 乗船場(特設受付)
集合時間 運行時間の10分前
事前予約
募集人数 40名(各便ともに)

予約が必要です!希望の方は、出雲観光協会までお電話を:0853-53-2112

一畑薬師 二才児まいり・四才児お礼まいり・十三まいり

一畑山の麓にて、漁師が薬師如来像を引き上げ、ご本尊としておまつりしたことから開山した一畑薬師。
漁師の母親の目が治ったり、戦国の世に小さな幼児が助かった事から、「目のやくし」、「子供の無事成長の仏様」として全国から手厚く信仰されています。

一畑薬師ではGW期間中、一生のお守りをいただき無事の成長を祈る二才児まいり・四才児お礼まいりと、十三歳の厄難を払い、知恵を授けていただく十三まいりが行われます。
対象のお子様がいないご家族も、一畑薬師のの山の上の清清しい荘厳な雰囲気はぜひ味わっていただきたいと思います。

日程 2019/04/27 (土) ~2019/05/06 (月)
時間 二才児まいり・四才児お礼まいり…10時30分~・12時~・14時~(期間中毎日3回)
十三まいり…13時30分~(期間中毎日1回)
場所 一畑薬師  出雲市小境町803
料金 祈願料有料
お問い合せ先 TEL.0853-67-0111
詳細URL http://ichibata.jp/

しまね花の郷 春のフラワーフェスタ

 

View this post on Instagram

 

しまね花の郷(公式)さん(@shimanehananosato)がシェアした投稿

しまね花の郷ではフラワーフェスタが開催されます。
園内にはなんと11000本のポピーが咲き乱れ、ガラス室では一足早く紫陽花を鑑賞できます。

そしてそして、しまねっこファンの皆様!
5月3日はしまねっこが来園しますよ!

開催場所 しまね花の郷 [地図]
料金 大人200円、小中高校生100円
開催日

2019年4月20日(土)~5月6日(月)

開催時間 09:30~17:00
電話番号 0853-20-1187  しまね花の郷
住所 出雲市西新町2丁目1101-1

交通アクセス [車]山陰道出雲ICより5分[公共交通]JR西出雲駅南口より徒歩約10分
駐車場 160台 駐車無料

混雑は必至!観光場所は事前に決めておきましょう。

GWはどこも混雑するのが目に見えています。
なんとなくではなく、これだけは絶対行きたい!というところを絞って、なるべくゆったりとしたスケジュールを組みましょうね!

合わせて読みたい

2019年5月|島根東部・米子・境港エリアのイベント・お祭り情報まとめ

2019年GWの出雲大社|混雑対策をまとめます

玉造温泉から出雲大社へ向かいます!高速道路は使うべきですか?

GWの松江城観光に注意!『駐車場が満車で困った…』混雑時のオススメは?

超便利!出雲空港や駅から宿泊施設への荷物配送サービス

【2019年】出雲大社周辺の無料駐車場選び、この3箇所で十分です!

【出雲大社へ一人旅をする女性へ】地元民が最高の旅行プランを提案します!

知っておきたい!出雲大社の鳥居に隠された歴史ミステリー

2019年GWの足立美術館の混雑予想|駐車場や見学時間の目安は?

世界一の庭園、足立美術館の混雑しない時間帯は?

出雲大社周辺のグルメスポット

お店選びに困ってない?|出雲大社周辺の出雲そばマップ

出雲大社でのランチはそばだけじゃない!三瓶バーガーで島根の肉を喰らう。

なぜ行列が??出雲大社近くのブルーカカオチョコレート工場に行ってみた

ブーランジェリーミケ(出雲):参道にてぶらりと立ち寄れる出雲小麦のパン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 島根の観光スポット情報 トリセツシマネ , 2019 All Rights Reserved.