観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

天空野外音楽祭、棚田フェスは令和時代の理想郷だった

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

昨日はこちらのイベントに参加してきました。

5月島根開催イベント|昨年大好評の天空野外音楽フェス|棚田フェス

日本棚田100選に選ばれている、山王寺の棚田。
その絶景を見下ろすことができる、冒険の森てんばで行われた棚田フェスvol.2。
それはまさに”天空野外音楽祭”と呼ぶにふさわしい、理想郷でした。

今年で2回目を迎えた棚田フェス

主催者の永瀬さん夫妻は、会場となった冒険の森てんば内で営業している「棚田カフェ」を運営しています。
かねてより、この棚田の素晴らしい場所を知ってもらいたい、と思っており、昨年から音楽フェスを企画。
昨年のイベントは天候にも恵まれ、大盛況のうちに幕を閉じました。

そして、2回目となった今年。
総勢7組のアーティストと、多数のお店の出店が集い、新たなスケールで再び幕が明けました。

遊ぶ大切さを教えてくれる子供達

ここ冒険の森てんばは、森のようちえん・森のオフィス・研修会の場を目的として作られた施設。
特に子供達が自然と触れ合いながら楽しめる仕掛けが用意されています。

毎度のことながらハンモックは取り合いに。

ツリーハウスで秘密基地気分を味わう子たちも。

まなびの家monokotoチームによる工作教室
なんと3Dプリンターの持ち込みです。

絵を描いたり、たわしが電池モーターで動く電動掃除機?で遊んだり。

ふと木陰に移動すると、かき氷をおいしそうに頬張る子。

 

たくさんのtanada kidsが思い思いに遊んでいる姿に、”遊ぶ”ということを教えてもらった気がします。

食を楽しむ

野外フェスときたら、美味しいものを食べたい!
そんな腹ペコさんの欲求を満たしてくれるお店が多数参加。

【注意】ここからは食テロ始まりますw

昨年島根にIターンされたシェフ、鹿糠さんのお店。
炭火焼チキン
ご自身で捌いたイノシシ肉を煮込みとクスクス(写真撮り忘れ…)
ポン菓子グラノーラのパフェ
特にこのパフェは大好評でした!

松江市内のカフェ、Green’s Babyのガパオライスとかき氷!
日差しも強く、かき氷は大人気。
Green’s baby→Green’s Baby:松江城から徒歩5分のカフェで世界を旅してみる。

こちらはまこもの入ったてんばカレー!

大好評だった朔のカンパーニュさん。
持ち帰って、翌日の朝食で食べたら、やわらかもちっとの感触に思わず、
「また食べたい。。。」
イベント出店だけだそうで、普段から買いに行きたくなっちゃいました。

安来市の眞知子農園さんはコロッケやコロッケバーガーの販売。
コロッケもほくほくで美味しかったです。

つちのと舎さんはカレーとコーヒーを。
濃厚なブラウンスイスカフェオレ、いただいちゃいました。

かみや園+の野草番茶、DK STYLEの酵素ジュース。
お店の方も提供されるものもどちらもまさに”癒し”の空間でした。

縁側で休憩したくなる。日曜の午後。

絶景と音楽のマリアージュ

ただ、棚田フェスの魅力は何と言っても、見事な景色と青空の元で浴びる音楽!
その相乗効果たるや。

今回もたくさんのアーティストが盛り上げてくれましたよ。

Arigatoバンド

バンジマシテ

DJ BEBE

多久和千絵

Luna S.

 

hemo ness

松江ニューオーリンズブラスバンド

RABI RABI

 

アンコールが終わった後は、花束贈呈
ならぬ、お野菜贈呈from眞知子農園さん。

動画で雰囲気を味わおう!

ここからは動画を数点ご紹介します。

松江ニューオーリンズブラスバンド

子供が大はしゃぎ!

 

移動しながらマルシェエリアでも演奏

ラビラビ

オオトリのラビラビがスタート!

 

これぞ縄文トランスだ!

 

フィナーレは、
「生まれてきたこの世界はすばらしき世界♪」

またあのフェスを味わいたい

今回の棚田フェスも大好評のうちに幕を閉じました。
参加する人たちが思い思いにはっちゃけてしまう、天空野外音楽祭、令和新時代のまさに理想郷と言える空間でした。
ぜひまたみなさんの笑顔に再会したいです。

主催された、永瀬さん、参加されたアーティスト・出店者のみなさま、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

Comment

  1. アバター 中野 篤子 より:

    面白く読みました♪私も30年以上前のIターンです☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です