観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

世界一の庭園!足立美術館の混雑しない時間帯、所要時間を解説します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

米国の日本庭園雑誌「The Journal of Japanese Gardening」の日本庭園ランキング16年連続1位を獲得している

足立美術館

さて、今回は宿泊者からよく聞かれる質問、
「足立美術館に行きたいんだけど、どの時間帯に行ったらいい?」
という疑問にお答えしてきます!

こんな方へおすすめ

「観光スポットは効率よく回りたいんだよね」
「外国人が多いって聞いたんだけど、落ち着いて鑑賞したいなー」
「とにかく写真を撮りたいんだけど、なるべく人がいない時を狙いたいです」

▼足立美術館の鑑賞時間が気になる方はこちら▼

足立美術館鑑賞の所要時間は?鑑賞ルートを解説してみます 



そもそも足立美術館ってそんなに混むの?

そもそも足立美術館ってどれだけ混むのでしょう?
私は過去に5回ほど観覧に行っています。
時には、ゆったりと眺めることができたこともありました。
一方で、人が多いなぁ、と感じて時間帯変えればよかったな、と思ったこともしばしば。。。

足立美術館の入館者数は年々増えている

2017年のデータですが、
・年間の総入館者数 64万3163人
(過去2番目に多い)

・1日に換算すると、1762人
となります。

ちょっとイメージわきづらいので、1時間に換算すると、251人もの人が入館しています!
※9時から16時まで平均的に入館したとして計算

外国人の入館者数は3万1658人(全体の約5%)
と、5年連続で過去最多を更新しています。
個人的にはかなり驚きの数字ですが、『16年連続日本一』の影響はかなり大きいと言えます。

 

美術館に到着して、だいたいの人がびっくりするのは、駐車場がとにかく広いこと。
ツアーバスが数十台止まれるようなスペースがあり、毎日ひっきりなしにツアー客の方々が訪れています。

観覧時間:開園直後の9時〜10時がおすすめ!

混雑を避ける理由は人それぞれだと思いますが、一番大きな理由はゆっくり鑑賞できないことでしょう。
上記で説明した通り、ツアー客が多い足立美術館の攻略の鍵はツアー客のいない時間帯です。

ツアー客は開園直後に来ない理由

足立美術館は松江市鳥取県米子市の間にある安来市に位置しています。
ツアー客が宿泊するような大規模な宿泊施設が近くになく、ほとんどが以下に当てはまります。

  • 遠方からのツアー
  • 玉造温泉、皆生温泉(米子市)、他鳥取の温泉地

一番近い玉造温泉でも足立美術館まで45分ほどかかるんです。
そして、ツアーのホテルの出発時間って、だいたい9時〜9時半くらいですよね?
そこから少なくとも45分かかれば、ツアー客の方々の到着は早くても10時近くになるわけで、9時台に入館していれば悠々と庭園も美術品も鑑賞できるんですね。

開園直後がおすすめなもう一つの理由

足立美術館に開演直後に行くと、何がいいか?

それは綺麗に整備されたばかりの庭園を眺めることができるからです。

足立美術館の庭園は毎朝、専門の庭師さんたちが、1枚の落ち葉も落とさないように庭の掃除をしています。
まるで絵画のような庭園。
朝の光輝く、清々しい庭園を眺める時間は最高の一時となることでしょう。

鑑賞の所要時間はどのくらいとっておいたらいい?

初めての方は2時間くらい見ておいていただくのがベストです。
そして、庭園1時間、美術品1時間くらいで鑑賞したらいいでしょう。

それは私が初めて鑑賞した時の反省からきています。

その後の美術品のことも考えず、庭園をいろんな角度から眺めていて2時間くらいかけてしまいました。
普段美術館にいかなかった当時の私。
庭園で集中力を完全に切らしてしまい、貴重な絵画や陶芸作品はさらっと見ることしかできませんでした。

 

ちなみにさらっと見るだけでしたら1時間でいいかなと思います。
が、結構歩く距離も長いので、本当に駆け足の見学になってしまうと思いますのであまりおすすめはしません。
鑑賞ルートなどを含めて所要時間を検討したい方は、こちらをご覧ください。
鑑賞ルートを詳しく解説しています。
足立美術館鑑賞の所要時間は?鑑賞ルートを解説してみます 

おすすめの庭園撮影スポット

これはズバリ、、、

  • 一枚の絵画のように見せるスポット
  • 掛け軸が生の絵になるスポット
  • お茶室が見えるスポット

どこをとっても絵になります。間違いないです。
また、季節毎に雰囲気が大きく変わるのも足立美術館の人気の理由の一つです。
是非こちらの動画で見てみてください!


当たり前のことですが、庭園は撮影OKですが、美術品はNGですよ!

足立美術館の基本情報

施設名称 足立美術館
住所 〒692-0064 安来市古川町320
営業時間 9:00~17:30(4月~9月)
9:00~17:00(10月~3月)
定休日 年中無休
料金 大人2,300円
大学生1,800円
高校生1,000円
小・中学生500円

足立美術館のお得な割引情報

パートナーズ会員(年間パスポート)あります

料金は日本一高い美術館とも言われています(笑)
地元の方や、数回通っちゃうって方には年間パスポートがオススメです。

パートナーズ会員 6000円(2年間)
・2年間 何度でも入場無料
・同伴者2名まで半額で入場可能
・館内施設のご利用料金10%OFF
・4回入館ごとに喫茶室の利用券ゲット!

と特典が多い会員券です。
2年間で3回行けば元がとれちゃいますよ!

お得な縁結びパーフェクトチケットを利用すれば入館割引に

電車移動でお考えの方には、島根観光をお得にすることができる縁結びパーフェクトチケットを利用しましょう。
入場料金が団体料金の適用となり、2300円→1900円に割り引かれますよ!

ちなみに、こちらの縁結びパーフェクトチケット、わずか3000円のチケットで11000円分利用する方もいるようです。

足立美術館へのアクセス

車でお越しの方

安来ICより車で13分ほどの距離です。
料金所を出て5つ目の信号を左折します。

主要場所からの車での所要時間

  • 松江駅 約35分
  • 松江城 約40分
  • 玉造温泉 約40分
  • 米子鬼太郎空港 約45分
  • 出雲縁結び空港 約50分
  • 出雲大社 約1時間15分

電車でお越しの方:無料シャトルバスもあります

無料のシャトルバスが運行しており、安来駅前すぐにバス停があります。

所要時間は約20分です。

時刻表は以下の通り。

安来駅発 美術館着 美術館発 安来駅着
8:50 9:10 9:20 9:40
9:20 9:40 9:30 9:50
9:45 10:05 10:10 10:30
10:00 10:20 10:30 10:50
10:40 11:00 11:00 11:20
11:00 11:20 11:30 11:50
11:30 11:50 12:00 12:20
12:00 12:20 12:30 12:50
12:30 12:50 13:00 13:20
13:00 13:20 13:30 13:50
13:30 13:50 14:00 14:20
14:00 14:20 14:30 14:50
14:30 14:50 15:00 15:20
15:00 15:20 15:30 15:50
15:30 15:50 16:00 16:20
16:00 16:20 16:45 17:05
16:30 16:50 17:15 17:35

注意!帰りの整理券をもらっておこう。

美術館入り口のカウンターにて、帰りの便のみ整理券を発行しています。
定員28名で混み合って乗れないこともありますので、入館時にもらっておきましょう!

その他の近隣の観光スポットは?

マイナスイオンたっぷりの清水寺の参拝がオススメ

引用:安来市観光協会

どの時期に行っても、季節を味わえる&自然のマイナスイオンを全身に浴びることができる清水寺。
安来観光ではぜひ立ち寄っていただきたいお寺です。

日帰り温泉ならさぎの湯荘

引用:安来市観光協会

日帰り温泉に入りたい!って方には、すぐ近くにあるさぎの湯荘がオススメ。
こちらの旅館の中庭もしっかり手入れされていて、立ち寄り湯でも旅館気分が味わえるので、よく嫁と入浴に行っています。
珍しい放射能線で、湯上り後のポカポカが数時間続きますよ!

まとめ:日本一の庭園は混雑しない時間帯に鑑賞しよう!

せっかく行くなら気持ちよく鑑賞したいですよね。

混雑した時間帯を避けて、ぜひ早朝の綺麗な庭園を堪能することをオススメします!

合わせて読みたい

足立美術館鑑賞の所要時間は?鑑賞ルートを解説してみます

玉造温泉から足立美術館へのアクセス方法|無料シャトルバス運行について

【2019年】足立美術館の入館料はいくら?お得な割引方法をまとめてみました

超便利!出雲空港や駅から宿泊施設への荷物配送サービス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トリセツシマネ , 2019 All Rights Reserved.