観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

【見学には注意が必要】あのクイーンエリザベス号が境港にやってくる!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

追記 無事出港しました!

4/24に到着したクイーンエリザベス号ですが、夕方に無事出港しました。

 

View this post on Instagram

 

Queen Elizabeth entered the port in Sakaiminato for the first time. あの豪華客船、クイーンエリザベス号が、鳥取県の境港へ初入港です。 (使用機材) Nikon D850 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR #nikon #d850 #photography #photographer #nikonphotography #nikonphotographer #photooftheday #queenelizabeth #cruiseship #sakaiminato #sunrise #likeforlike #like4like #ship #cruises #travelphotographer #travelphotography #japantrip #japantravel #discoverjapan #amazing #クイーンエリザベス #クイーンエリザベス号 #境港 初入港 #美保関 から撮影 #しまねぐらむ #鳥取 #豪華客船 #クルーズ船 #船旅

⚓️🇯🇵S.Yamamoto🇯🇵⚓️さん(@bombardier_gram)がシェアした投稿 –

コスタネオロマンチカ、カレドニアン・スカイ、クイーンエリザベスと3クルーズ船が港にそろう姿は圧巻だったようで。
地元の住民による傘踊りで迎えられた、日本人を中心とした約2000人の乗客は松江城や足立美術館やとっとり花回廊へと夕方まで観光を楽しんだようです。

次回は6月26日にクイーンエリザベスの2倍の大きさのQuantum of the Seasが来港するようで、ますます境港が盛り上がっていくことでしょう!

以上、追記でした。

 

 

境港へのクルーズ船の寄港が年々増えているそうです。
そして、なんと豪華客船の代名詞と言っても過言ではない、クイーンエリザベス号がついに境港へやってきます!

当日は相当の混雑が予想され、見学の規制など発表されていますので、こちらをしっかりチェックして見学に臨みましょう!

クイーンエリザベス号とは?

1840年の初出港以来、180年近い年月の間世界を魅了する客船を作り続けてきたキュナード社。
英国王室から唯一女王の名をつける事を許された、世界でもっとも格式の高い客船がクイーンエリザベス号です。
全長294m、幅33.25m、総トン数90900トン、
客室は140m2近くもあるグランドスイートなど全10タイプあり、乗客定員は2077名と最大級の規模を誇ります。

世界中のクルーズファンから一度は乗船してみたいと思われる客船がクイーンエリザベス号です。

寄港予定

寄港予定日は平成31年4月24日(水)です。
当日17時頃に出港予定です。

混雑予想

境港管理組合によれば、当日は相当の混雑が予想されるとのこと。

【注意】一般車両は入場できません!

当日6:30から出港の17:00までは車での入場はできません。
徒歩で行くか、指定駐車場に停めてシャトルバスで見学に行きましょう。

車でお越しの方は

臨時駐車場となるP LANT-5 境港店に駐車しましょう。
駐車場は6:20から駐車可能です。

駐車場から無料シャトルバスが運行します

PLANT-5境港店ー昭和南1・2号岸壁の区間を6:30から18:00の間、無料のシャトルバスが随時運行の予定です。
シャトルバス乗り場はこちらの地図の通り。

【注意】顔写真付きのIDが必要です!

見学のための岸壁への入場には、顔写真付きのID(免許証など)が必要となります。
また、台帳への記載が必要とのことです。
(お子様で顔写真入り身分証明書を持っ ていない場合は、保護者の身分証明書のみで入場が可能)

当日混雑は必死!早めの来場で、IDは忘れずに!

当日は人混みの中での見学になることは確実です。
早めの来場と、IDを忘れずに見学にいきましょう!

合わせて読みたい

魚と妖怪の街、境港に行ってみよう!

ダンボールの遊縁地!?子供を連れて夢みなとタワーへ行こう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 島根の観光スポット情報 トリセツシマネ , 2019 All Rights Reserved.