観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

玉造温泉でランチするなら島根No.1の海鮮丼を!若竹寿司(島根県松江市)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

玉造温泉に早く着いちゃった!

午前中に温泉街を散策したらお腹がすいちゃった!

お昼は海鮮系を食べたーい!

そんなあなたに捧げます。

 

こんにちはあんでぃ(@torisetushimane)です。

観光客だけでなく地元の人も、玉造温泉でランチするとき結構困るみたいです。

・そもそもランチ営業している店が少ない。

・行ってはみたが休みが多い。

私も玉造に住んでいた時はそんな経験をよくしていました。

結局松江市内に足を運んでしまうんですよね。。。

ただ、温泉街でも美味しい海鮮丼が食べられることをお忘れなく

今日は玉造温泉街、唯一のお寿司屋さん、若竹寿司のご紹介です!



玉造温泉の若竹寿司|何がおすすめなの??

それは、もうこれにつきます。

海鮮丼の圧倒的なボリューム感!

お寿司屋さんで海鮮丼?

って感じですけど、ランチで来店される方はほとんど海鮮丼を注文している印象です。

若竹寿司ってどこにあるの?

温泉街の真ん中に位置する旅館「白石屋家」が目印です。

隣の坂道を登っていくとすぐ左手にあります。

店の目の前に駐車場があります。

玉造温泉駅からは歩いて20分程です。

若竹寿司 基本情報

店名 若竹寿司
住所 島根県松江市玉湯町玉造83-6
電話番号 0852-62-0831
営業時間 昼 11:00~14:00
夜 17:30~21:00
定休日 木曜日定休、1月1日~7日まで休業

ランチも人気ですが、玉造温泉で夜営業しているのは嬉しい。

朝食のみのプランで宿泊されている方にはおすすめのお店です!

若竹寿司は予約不可なので要注意!

こじんまりしたお店ですが、予約は一切不可ですのでご注意を。

若竹寿司のランチメニューはこちら


握りは3種類

  • 並 1200円
  • 上 1600円
  • 特上 2000円

海鮮丼は2種類

  • 並 1500円
  • プレミアム 2000円

しじみ汁は450円とちょっとお高め。

いざ、島根県一の海鮮丼を実食!

【2019/2/19】
お邪魔したのは平日火曜日の13:40。
テーブル2卓、カウンターは6席とこじんまりとした店内。
どうやら2階にお座敷があるようです。
少し遅めの時間でしたが、カウンターは満席でした!

もちろん海鮮丼を食べに来たのですが、ちょいと懐事情を考慮して並を注文してみました。
湯のみは若竹寿司オリジナル。めちゃ熱いので要注意。
5分程で届いたのが、こちら!ざ・かいせんどん!

店員さん:「お醤油はかけずにつけながらお召し上がりください」

鮪、サーモン、イカ、穴子、げそ、ネギトロ、玉子、貝、海老、いくら、ハマチ?、タコ、わかめ、おいなり。。。
と、並なのにボリューム満点。
特にサーモンなどネタが厚いのが嬉しい。
大きな海苔と、大量の葱は結構いいアクセントになります。

どんぶりに対して盛りだくさんの具材なので、少し食べづらいかな。。。
ですが、あっというまにペロリと平らげました。

ボリュームは十分でしたが、やっぱりプレミアムが食べたかった…

若竹寿司の口コミ

ってことで、プレミアム海鮮丼を見たい方はこちら!
食べログ評価は3.5ポイント、口コミは38件ついていました。(2019年2月現在)

 

「海鮮が苦手な私でもおっけ。どれ食っても旨い。」
「誰かに教えたくなる絶品海鮮丼」

と評価の高いコメントが目立った一方、

「器が気になる」
「しじみ汁が高い」

などのコメントも。

食べログ、島根県、海鮮丼ランキングNo1になっているので、期待値が上がってしまっているのかもしれませんね。
金額については賛否両論あるものの、あんでぃ的には新鮮で具たくさんの海鮮丼にこのくらいの金額は妥当だと思います!

玉造温泉でランチするなら若竹寿司で島根No.1の海鮮丼を食べておこう!

玉造温泉の海鮮丼スポット、若竹寿司のご紹介でした。

価格帯が高めなので、普段のランチにはちょっと敬遠しちゃうかも。

でも、せっかく温泉街に来て、山陰の海鮮丼食べたい!というニーズは高いと思います。

お昼に迷ったらぜひ若竹寿司へ! もちろんプレミアムでね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トリセツシマネ , 2019 All Rights Reserved.