観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

出雲市の産直市・パン屋さん「くるみ市」の魅力・定休日・営業時間をチェック

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

産直市で地元のお野菜を買いたいです!
美味しいパンが食べたいよ
地元の人が通うお店を知りたいな
くるみ市の情報が少なすぎ!

こんな気持ちのあなたにお届けします。

朝はパン派ですか?それともご飯とお味噌汁を食べますか?
パンだけでなく、お野菜・お惣菜など朝ごはんのお供となる食材が一つのお店で買えたら便利ですよね。
そんな新鮮な食材だけを取り扱うくるみ市。
とっても素敵なお店なのに、食べログでも口コミがなく、ホームページでも情報が少ないんです。。。
オープン以来、結構な頻度で足を運んでいるあんでぃがくるみ市をご紹介します!



くるみ市(産直市・パン屋)の口コミまとめ

まずは、SNSでの口コミ・感想をご紹介!

Facebook

・新鮮で地元の野菜が美味しい。安い!
・近所に住んでいたら毎日行きたいです。
・野菜美味しい❗パンも美味しい❗ハーブソルトがあります❤
・お店に一歩足を踏み入れれば、そこにはくるみ市ワールドが広がっています。店主の人柄がそのまま店内の空気を作っていて、とても和みます。癒しスポットです。
・ここで買った野菜はなんだか大事に食べたくなります(о´∀`о)
・店主が男前。嫁さんが美人。

パン屋さんの口コミはまだ少なかったですが、お野菜などの品揃えや店の雰囲気を気に入っている人が多い印象ですね。

Google map

・外国に来たような気になるお店もステキです。ちょっと高めかもですがパンがとても美味しいです。近くを通るとよく買います。こども達もおいしいと食べます。
・野菜が新鮮です。地元で作られた美味しい豆腐やベーコン、お菓子など野菜以外のものもあります。すべて厳選されてて見るだけでも楽しいです。

くるみ市(産直市・パン屋)の定休日・営業時間・アクセス

店名 産直市 くるみ市
住所 〒693-0011 島根県出雲市大津町1574-8
電話番号 0853-27-9631
営業時間 産直市 9:00〜19:00
パン屋 12:00頃 〜17:30(なくなり次第終了)
定休日 産直市 なし
パン屋 月・火曜日 その他不定休(2019年は9月13日まで夏休み)

※2019年8月22日時点の情報です。詳細は店舗にお問い合わせください。

くるみ市へのアクセス

公共交通機関で訪れるのは難しい場所です。
駐車場は表に4台程度あります。



くるみ市(産直市・パン屋)をおすすめするポイント

手作り感あるあたたかい雰囲気の店構え

駐車場につくと、たくさんのお花たちがお出迎え。

くるみ市の雰囲気作りは、お店の建築段階にさかのぼります。
店主の鐘推達也さん自身がお店の基本図面を書いて、大工さんと一緒に建築にも携わったそうです。
その後、約1か月かけて一人で仕入れ交渉に奔走。
鐘推さんの血と汗の結晶ともいえる、手作りにこだわったお店だからです。
鐘推さんは大学を卒業して島根を離れていましたが、故郷出雲にUターン。
お父さんの家業である花の栽培を手伝っていたそうです。

ある日、地元の人から、この周りにはスーパーがなくて困っているとの声を聞きます。
地元のために役立つことが何かできないかと、考えくるみ市を作り上げることを決心しました。
あたたかい雰囲気を気に入ってか、結婚式の会場として使用されたこともあるそうです。

店の裏にはベンチとテーブル、ブランコまであります!
くるみ市で購入したパンで、ピクニック気分を味わってみませんか?

新鮮な地元の野菜や食材が豊富

店内に入ると広がるのが色とりどりの野菜たち。

綺麗に陳列されていて、今日の料理はなににしようかと、夢が膨らみます。

おすすめは野菜だけではありません!
こちらは雲南のお豆腐「白うさぎ」。
国産丸大豆100%と国産天日干し塩のにがりで作った豆腐は、大豆の香りと濃厚なうまみが口に広がります。

醤油もたくさん種類があります。
私が暮らしてきた関東では醤油といえばキッコーマンだけでした。
でも島根では一家に何種類もの醤油を持っていることが当たり前です。

今や全国区の知る人ぞ知るパスラチャイズ牛乳!
これ飲んでしまうと、他の牛乳が飲めなくなる。。。

こちらは佐藤のんびり農園さんの平地飼いのたまご。
のんびり農園さんは何度か見学させていただいています。
のどかな環境で、小屋から出て楽しそうに歩き回る鶏たちが印象的でした。
ちなみに、このたまごをシフォンケーキなど焼き菓子に使うと、膨らみが段違いです。
ぜひお試しください!

 

個人さんが作られた家庭的な漬物もここでしかない味としてリピーターが増え続けているそうです。
燻製はもちろんのこと、練り梅、紅梅漬け、香り豊かな十六島岩海苔の佃煮なども扱っています。



評判のパン屋さん(くるみ市 パンと焼き菓子の店)が併設

今回はパンを買いに来たのですが、パン屋だけお休みでした(泣)
お店のインスタ画像で味わってください!!
あんぱん、メロンパンうまそう。。。

View this post on Instagram

くるみ市 パンと焼き菓子の店さん(@pantoyakigashi)がシェアした投稿

ハード系のパンも美味しそうですね!

 

View this post on Instagram

 

くるみ市 パンと焼き菓子の店さん(@pantoy

 

View this post on Instagram

 

くるみ市 パンと焼き菓子の店さん(@pantoyakigashi)がシェアした投稿

akigashi)がシェアした投稿 –

 

フレッシュいちごのタルト、イチゴとアールグレーの焼きタルト!

 

View this post on Instagram

 

くるみ市 パンと焼き菓子の店さん(@pantoyakigashi)がシェアした投稿

[追記]パン屋さんを訪ねました!

やったタイミングがあってパン屋さんを訪れることができました。

お店は産直市の右手側のスペースです。

・地元の食材を使った飛騨牛のカレーパン(ご主人が岐阜県の出身とのこと)
・貴重なウィスキーでもある山崎を使用したウイスキーのチョコレート

をオススメいただきました。とってもお話しやすい店員さんでした。

本日はこちらのタルトを購入。

焼き菓子職人さんもいらっしゃるようで、クッキー生地の部分がとにかく美味しい。
フレッシュないちごとほのかに甘いクリームと見事なマリアージュでした。



くるみ市 パンと焼き菓子の店に足を運んでみよう!

以上、くるみ市のご紹介でした。
くるみ市のおすすめポイントは、、、

  • 手作り感あるあたたかい雰囲気の店構え
  • 新鮮な地元の野菜が豊富
  • 評判のパン屋さんが併設

是非足を運んでみてくださいね!

近隣でおすすめのスポット

川を隔てた場所が出西と言われる地域です。
こちらにある出西窯がおすすめ!
暮らしを彩る器をリーズナブルな価格で購入できますし、職人さんの製作している様子を間近で見学できます。
すぐ隣にはカフェも併設されています!

合わせて読みたい 島根のパン屋さん情報!

ルコションドール出西のパンを見てるとワクワクするのはなぜだろう?

猫カフェならぬ、猫パン屋!?松江のイギーズショップで癒された

キッチンおかだパンタグラフ(松江):日向ぼっこしながらこだわりのパン

ブーランジェリーミケ(出雲):参道にてぶらりと立ち寄れる出雲小麦のパン

道の駅 湯の川で出西生姜グルメと温泉を堪能しよう! ※マルベリーのパン販売あります

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トリセツシマネ , 2019 All Rights Reserved.