観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

スマホ操作で即日入居!画期的な賃貸サービスOYO LIFEとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

こんにちは、あんでぃです。

かなり斬新な不動産サービスがインドより上陸したと聞きつけました。

公式サイトをじっくり眺めたところ、今後の観光にも大きな影響を及ぼしそうなサービスだと感じましたので、概要をまとめてみます!

スマートフォンを操作で引っ越し可能。賃貸新サービス「OYO LIFE」とは?

賃貸での新サービスOYO LIFEの特徴は、

何といってもスマートフォンで契約から退去が即可能だということです。

その他にも、

・家具・家電とWi-Fi付き

敷金・礼金・仲介手数料なし

・3日間の「住み試し」も可能

という、今までの不動産業界の常識を打ち破るサービスなんです。

どんな会社が運営しているの?

OYO社とは、インドで生まれたホテルベンチャー会社です。

安宿界のUberとも言われ、今やインドでは最大級のホテルグループとなっています。

国内ではなんと10万部屋以上の客室を運営。

中国でも200都市、2000件以上のホテルと提携しています。(2017年末時点)

ソフトバンクグループの孫社長も出資をしており、日本市場でも成長が期待されています。

急成長の戦略・ビジネスモデルとは?

既存の客室を15日で改装。

設備、備品、従業員のサービスの質を短期間で標準化する戦略を取っています。

急成長の大きな理由は、8500人いる社員のうち700人以上がデータ科学やAI、ソフトウェアなどのIT技術者であること。

IT技術を駆使して、宿泊稼働率の最大化を実現しています。

どんな物件があるの?

今、現在は都内23区のみのサービス提供で、順次拡大予定だそうです。

下の画像は2019年2月20日時点での物件マップです。

家賃は実際どうなのか?

それでいて家賃がめちゃくちゃ高かったら意味ないですよね。

実際の物件にて、池袋付近の相場をチェックしてみました。

すると、1か月の家賃が、、、

1K 26㎡ 146,000円
1K 16㎡ 99,000円
1K 22㎡ 124,000円

と、駅からの距離などにもよるとは思いますが、相場よりは若干割高な印象を受けました。

この金額からしてみても、安い家を探したい!という人をターゲットにはしていない気がします。

お金はあるけど信用がないから家を借りられないという方々、

例えば自営業のフリーランス、水商売の人が殺到するサービスとなることでしょう。

【追記】2019/2/26 こんな物件がメルマガで連絡きました。

先ほどメルマガで来た案内です。10件来たうちのいくつかをご紹介。

OYO LIFE 東池袋 1015 (129,000/月)

– 東京メトロ有楽町線 / 東池袋駅 徒歩6分
– 25平米 / 2019年築
– 本日〜 / 1ヶ月以上で予約が可能です

OYO LIFE 大井町1013 (100,000/月)

– JR 京浜東北線 /大井町駅 歩3分
– 19平米 / 1991年築
– 本日〜 / 1ヶ月以上で予約が可能です

OYO LIFE 秋葉原1002 (130,000/月)

– 東京メトロ銀座線 / 末広町駅 徒歩4分
– 20平米 / 2018年築
– 本日〜 / 1ヶ月以上で予約が可能です

どの物件も、

・utility費(水道光熱費wi-fiなど)10,000円/月
・清掃費10.800円

が別途かかるようです。

【追記】OYOがヤフーと合弁会社を設立した

2月20日にOYOがYahooと合弁会社を設立を発表をしました。

設立にあたりOYOの創業者でCEOのリテシュ・アガルワル氏のコメントは以下の通り。

「現在、中国など世界8カ国での事業を展開するOYOが、この度ヤフーと合弁会社を設立し、日本で「OYO LIFE」をスタートできたことを大変嬉しく思っています。

OYOは世界最速で成長しているホテルブランドです。

その成長は優れた物件獲得、物件管理システム、客室運営、価格管理、オンライン、オフラインでの顧客獲得のシステムのオペレーションを参画ホテルに提供することによって実現しました。

今回の合弁事業ではホテル事業で培ったノウハウを駆使し日本の顧客に対して価値の高いサービスの賃貸住宅体験を提供できると考えています」

 

ヤフーの代表取締役社長 CEOの川邊健太郎のコメント。

「ヤフーは、インターネット技術(IT)を通じてオンライン上の生活をさらに便利にすることに加えて、今後は、オフラインにも進出して、ユーザーの生活を驚かせるほど便利にしていきます。

「賃貸」は、ITやAIの力で、もっと便利にすることができると信じています。

この領域で世界最速で取り扱い物件数を増やしているOYOのビジネスモデルやマネジメントチームの素晴らしさに共感し、この度合弁会社を設立し、日本で「OYO LIFE」の提供を開始します。

この「OYO LIFE」が不動産オーナーや、ユーザーの賃貸領域での課題を解決することを期待しています」

データ・AIによる精度の高い市場予測と徹底したオペレーション力を持つOYO。

日本市場、マーケティングに強味をもつYahoo。

最強のタッグが誕生したと言えるでしょう。

OYOを利用するには?

ざっくりとOYOのサービスがイメージできたところで、

「じゃぁ、どうやって登録するのさ?」

と疑問が湧くかと思います。

OYOの賃貸サービス利用をするのに、必要なのはスマホだけ。

登録の詳細は以下のOYO公式サイトをご覧ください。

OYO公式サイト→OYO(オヨ)ならスマホで全て完結

まとめ

調べながら、以前池袋のウィークリーマンションを利用したことを思い出しました。

その時は短期間だったからよかったものの、キッチンやシャワールームなどの設備面で不便を感じた記憶があります。

そんな不便さを解決してくれるサービスになりうるのか、非常に楽しみです。

ただ、今まで手つかずだったと言える賃貸業界。

オペレーション重視の外資系企業が参入することで、大きなうねりが起こることは間違いないでしょう。

 

島根県にこのサービスがやって来る日は相当先になりそう。

働き方改革や日本の労働市場の変化などから、いずれは「1か月単位での移住」や「旅するように暮らすスタイル」が増えてくるのでしょう。

その時に、このサービスの認知度が高まっていたのなら、インド発のOYO旋風が巻き起こるかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トリセツシマネ , 2019 All Rights Reserved.