観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

スマホ操作で即日入居!画期的な賃貸サービスOYO LIFEとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

こんにちは、あんでぃです。

かなり斬新な不動産サービスがインドより上陸したと聞きつけました。

公式サイトをじっくり眺めたところ、今後の観光にも大きな影響を及ぼしそうなサービスだと感じましたので、概要をまとめてみます!

スマートフォンを操作で引っ越し可能。賃貸新サービス「OYO LIFE」とは?

賃貸での新サービスOYO LIFEの特徴は、

何といってもスマートフォンで契約から退去が即可能だということです。

その他にも、

・家具・家電とWi-Fi付き

敷金・礼金・仲介手数料なし

・3日間の「住み試し」も可能

という、今までの不動産業界の常識を打ち破るサービスなんです。

どんな会社が運営しているの?

OYO社とは、インドで生まれたホテルベンチャー会社です。

安宿界のUberとも言われ、今やインドでは最大級のホテルグループとなっています。

国内ではなんと10万部屋以上の客室を運営。

中国でも200都市、2000件以上のホテルと提携しています。(2017年末時点)

ソフトバンクグループの孫社長も出資をしており、日本市場でも成長が期待されています。

急成長の戦略・ビジネスモデルとは?

既存の客室を15日で改装。

設備、備品、従業員のサービスの質を短期間で標準化する戦略を取っています。

急成長の大きな理由は、8500人いる社員のうち700人以上がデータ科学やAI、ソフトウェアなどのIT技術者であること。

IT技術を駆使して、宿泊稼働率の最大化を実現しています。

どんな物件があるの?検索の仕方は?

今、現在は都内23区のみのサービス提供で、順次拡大予定だそうです。

下の画像は2020年1月時点での物件マップです。

「首都圏」「価格の高い順」で検索した際の30件の表示。

選択肢が十分にあることが伺えます。

「価格高い順」以外にも「入居日近い順」「距離近い順」「価格安い順」などでソートすることが可能。

条件変更では、「家賃」「間取り」「家具」「専有面積」「駅徒歩」「検索範囲」などで好みに合わせたお部屋を検索できます。

 

家賃は実際どうなのか?

それでいて家賃がめちゃくちゃ高かったら意味ないですよね。

実際の物件にて、池袋付近の相場をチェックしてみました。

すると、1か月の家賃が、、、

1K 26㎡ 146,000円
1K 16㎡ 99,000円
1K 22㎡ 124,000円

と、駅からの距離などにもよるとは思いますが、相場よりは若干割高な印象を受けました。

この金額からしてみても、安い家を探したい!という人をターゲットにはしていない気がします。

お金はあるけど信用がないから家を借りられないという方々、

例えば自営業のフリーランス、水商売の人が殺到するサービスとなることでしょう。

 

OYOを利用するには?

ざっくりとOYOのサービスがイメージできたところで、

「じゃぁ、どうやって登録するのさ?」

と疑問が湧くかと思います。

OYOの賃貸サービス利用をするのに、必要なのはスマホだけ。

登録の詳細は以下のOYO公式サイトをご覧ください。

https://www.oyolife.co.jp/

 

OYOは新しいライフスタイルを提案してくれる賃貸サービスとなりそう

調べながら、以前池袋のウィークリーマンションを利用したことを思い出しました。

その時は短期間だったからよかったものの、キッチンやシャワールームなどの設備面で不便を感じた記憶があります。

そんな不便さを解決してくれるサービスになりうるのか、非常に楽しみです。

ただ、今まで手つかずだったと言える賃貸業界。

オペレーション重視の外資系企業が参入することで、大きなうねりが起こることは間違いないでしょう。

 

働き方改革や日本の労働市場の変化などから、いずれは「1か月単位での移住」や「旅するように暮らすスタイル」が増えてくるのでしょう。

その時に、このサービスの認知度が高まっていたのなら、インド発のOYO旋風が巻き起こるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 島根県のグルメ・観光 トリセツシマネ , 2019 All Rights Reserved.