観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

映画「いざなぎ暮れた。」初日上映と舞台挨拶に行ってきたぞ!

 
映画「いざなぎ暮れた。」試写会と舞台挨拶に行ってきたぞ!
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

島根県松江市美保関町で撮影された地域発信型映画「いざなぎ暮れた。」

本日2月21日は、劇場公開と舞台挨拶とのことで、松江東宝5に鑑賞しに行ってまいりました!

 

 

鑑賞後に私が感じた事、

「島根県の小さな港町で、都会人が大きな愛に包まれて、何かに気づく」

ことがテーマなのでは?と。

家族の過去を紐解いていく事で、今を前向きに生きるきっかけになる。

本映画はそんな勇気を与えてくれる作品だと思います。

 

本当に美保関町の中で完結する映画なので、

島根県の人には
「あぁーっ」
て頷くシーンがたくさんあり、

島根県を知らない人には、
「のどかだなぁ〜こんなところが日本にあるんだ!」
って思ってもらえるのではないかと。

 

本記事では映画のあらすじ、舞台挨拶の様子をご紹介します!

 

『いざなぎ暮れた。』のあらすじ

映画「いざなぎ暮れた。」試写会と舞台挨拶に行ってきたぞ!

出雲の渚を弾丸のように走る黒光する車・ダッジ・チャレンジャー。運転するのはイタリアンマフィアのような出で立ちの男。

彼は元新宿No.1ホストで名前はノボル。

 

助手席には金髪の恋人ノリコ。突然夜中に叩き起こされて、高速を800キロノンストップで突っ走って連れてこられたのは”神様に一番近い港町”と言われる島根県美保関。

その”サプライズ弾丸旅行”の中で、怖い人から頻繁にかかってくる電話をスルーしながら、ノボルはこっそりと秘密の目的を果たそうとする。

 

それは実の親戚にオレオレ詐欺をすること。

しかしその日は運悪く12月3日。はるか2680年以上前から続く歴史的なお祭りが行われる、街にとって特別な日。

由緒正しい”聖なる岬”には不釣り合いな2人の道程は、地元の血気盛んな若人や東京のヤバい人を巻き込みつつ、V8エンジンのように激しい音を立てて暴走し始める!

いざなぎ暮れた。公式HPより引用

 

ジェットコースターのような展開と、厳かな祭事・ほっこりした人々のコントラストが秀逸でした!

 

ちなみに、本作品、もともとは15分のショートムービーとして予定していたそうです。

しかし、美保関や松江市職員の方の熱烈な応援によって、“ご当地PR映画”感ゼロ、ブラックユーモア満載長編ロードムービーになったという経緯があります。

 

第11回沖縄国際映画祭の入選を皮切りに、12ヶ国25以上の映画祭に入選を果たし、まだ入賞受賞の可能性もあるとのことです。
松江観光協会公式サイトより)

 

『いざなぎ暮れた。』舞台挨拶

舞台挨拶の内容をざっくりとご紹介します。

映画上映後、舞台上に登壇したのは、

司会進行の2代目島根県住みます芸人、奥村隼也さん。

W主演の毎熊克哉さん、武田梨奈さん、

ネルソンズの青山フォール勝ちさん(松江市出身)、

また、松江市長もいらっしゃいました。

途中、海外にいる笠木 望監督、東京にいるネルソンズの岸 建之介さん、和田まんじゅうさん(松江市出身)とはテレビ電話で映像が繋がりました。

 

美保関のことや映画撮影時の印象などを聞かれると、

毎熊さん
「急に雨が降ったり、晴れたりと不思議な場所で印象的だった」

武田さん
「キャバ嬢の空気を外で作るのが難しかった。リハーサルをしっかりやらせていただいたんですが、(染めた髪の毛が)プリンみたいと言うと、毎熊さんがプッチンプリンとフォローしてくれて、アドリブになりました」

青山さん
「僕はアドリブゼロです!台本通りです!」

と、和やかな雰囲気に。

 

「セカンドチャンスが一つのテーマになっていましたが、ご自身の中でのセカンドチャンスがあれば聞かせてください」
という質問には、

毎熊さん
「この映画自体、短編だったけれど、お二人とも撮れたし、これがセカンド、サードとなればいいな、と。」

武田さん
「もともと映画の世界に入りたくて。事務所入っていろいろやってきた中で、アクションというジャンルを見つけたことかなと思います。」

青山さん
「僕も俳優になりたくてこの世界に入ったので…」

と笑いを誘いました。

 

また、青山フォール勝ちさんはネルソンズが昨年のキングオブコントで初めて決勝まで勝ち残ったエピソードを語りました。

「実はこの映画で美保神社行ってたんですよ。芸事に縁がある神社なんですよ。そんなにネタ強くなかったのに、、、多分美保神社のご利益。映画みるだけでご利益あるんだと思います。皆さんもこの映画でもう一歩のところを乗り越えてください!」

 

その後、松江観光大使の委嘱式にいらっしゃった松江市長は、

「いざなぎ暮れた。は海外の映画祭にも出品され、美保関が世界中にPRされるのは喜ばしいことです。俳優さん方にも松江の魅力の発信と今後のご活躍を期待しております。悩みがある時には、また美保関に来ていただいて、リフレッシュしていただけたら。これからもお付き合いよろしくお願いします。」

とエールを送りました。

 

また、武田梨奈さんが舞台挨拶時の毎熊さんのチャーミングな一面をつぶやいていました。

 

「いざなぎ暮れた。」の口コミ

本日の公開にいらっしゃった他の方々の口コミをご紹介します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

新着ほやほや 今日は快晴で、肉眼ではっきりと大山が見えました!こんにちはぼてふりやです^_^ 今日は12時まで店に居たんですが、、、「いざなぎ暮れた」の先行上映のため松江まで🚙 美保関を舞台にした、見たことのある景色で馴染み深い作品でした✨妙にはらはらしたり、時々にやにやしたりと内容も身近に起こりうる出来事で親近感が湧き楽しかったです!! 上映後の舞台挨拶では、出演者のトークで会場を賑わせたり、映画監督はモナコ滞在しているため中継を結び松江市長による観光大使委任式が行われ松江の魅力をアピールしたりと、充実した時間でした^_^ 地元のみなさんで応援してきませう!笑 伝えきれないことばかりですが、撮影監督を務める原俊介氏の満面の笑みを頂きました✨ 原さんおめでと!! 映画っていいですねぇ! ぼてふりやも、、、笑 #ぼてふりや #いざなぎ暮れた #松江東宝 #住みます芸人 #毎熊克哉 #武田梨奈 #映画

弁当工房 ぼてふりや(@bote_ben)がシェアした投稿 –

 

都会人の価値観が一変する様を体感してほしい!

価値観が大きく変わる瞬間、って一生に数える程度なのではないでしょうか。

市長がおっしゃったように、

主人公をとりまくすべての人々が前向きに変わっていく姿に、自分を投影させながら鑑賞していただくと、また面白いかもしれません!

 

また、厳かな雰囲気が今でも残る島根の魅力も存分に味わえる作品だと思います。

 

なお、劇場の公開は

2/21 – 3/12 松江東宝

3/20 – 4/2 テアトル新宿

で期間限定の公開となりますので、お見逃しなく!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 島根県のグルメ・観光 トリセツシマネ , 2020 All Rights Reserved.