観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

松江駅近くなのに。。。民宿のアットホームな雰囲気でカツ丼を|うちごはん希

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

松江駅近くでサクッとご飯を食べたいな
カツ丼大好きです!

そんな方にオススメのお店はこちら。

 

うちごはん希(のぞみ)

隠岐の島の知夫島で民宿を営んでいる店主が開いたお食事処だそうですが、まさに民宿にご飯を食べに来たような気分にさせていただきました。

うちごはん希へのアクセス

うちごはん希は松江駅南口徒歩1分。
先日ご紹介したケーキ屋さんCiistandさんのすぐ近くです。

ciistandシースタンド|松江随一のロールケーキを食べてみよ!

南口を出たら、乃が美とNOVAの前を通り、そのまま直進。
1ブロック先の角のビル一階です。

入り口ちょっと迷いましたが、この赤い側が目印です。

駐車場

専用駐車場はないですが、同じ区画にある駅南駐車場に停めればサービス券をいただけます。
【注意】駅前のロータリーの駐車場ではないですよ!自分、間違えました。。。

ランチメニューはシンプル!

日替わり定食700円は安いですね!
あとはカツ丼とカツカレーとカレーライスとシンプルなメニューですが、ちょっと目移りしてしまう。
プレミアムモルツがにくい!

でもカツ丼って決めてきたんで、浮気はせんぞと心に誓って店内へ。

11時過ぎに入ったので、今日の初客のようでした。
スサノオマジックとつながりが深いのかな?
バスケットシューズやユニフォーム、壁にはサインなどがありました。

キョロキョロしていると、少し年配のお姉様が優しく接客してくれます。

昼のちょい飲みセットとか。車できたことが悔やまれますよ。。。

初志貫徹でカツ丼をオーダー!

噂のカツ丼とご対面!

10分ほどでお盆に乗せられやってきました。

なんかいい。
さっきからなんとなく感じてたんだけど、松江の駅前といっていい場所なのに、民宿にきた気分なんですよね。
誰かの実家にきた感じ。
味付けのりがついてくるのも、朝ごはんのような気分に。
あ、これって、いい意味で言ってますからね!

そんなこんなで、カツ丼の蓋をぱかっと。
でました!とろんとろんの卵たち。
これ、見てわかります。多分卵はかき混ぜすぎないこだわり。
白身の部分と君の部分で変化がでるから好きなんですよね。

カツは太すぎず薄すぎず。
噂によれば、松江の名店ミートショップきたがきのお肉を使っているとか。
汁気が多めで、煮かつのような雰囲気。
出汁は甘めだけど、そんなに濃くもなく、そこまでお腹が空いてなくてもペロリといけちゃうくらい。
ごはん大盛りにしなかったことを激しく後悔、、、

したのもつかの間。炊飯ジャーがあるので、ご飯はよそり放題でございます。
どうやら、ごはんもお水もお茶もすべてセルフサービスとのこと。
自由にやらせていただきます!

お味噌汁もすこし薄めの味付け。
カツ丼にはちょうどいい感じ!

ご飯を食べていると続々とお客さんが入ってきます。
女性一人とスーツ姿の方々が3組。
たしかに、近くで働いているサラリーマンにはオススメできるお店ですね。
企業戦士にはこののぞかさは心のオアシスになるはず。

喫煙OKです

というのも店内は喫煙可能。

煙が嫌だ!って方はこちらの座敷に避難してください。(椅子席の方が一段高くなっているので煙の影響が少ないかも)

食後はのんびりコーヒーを

コーヒーももちろんセルフです。
セルフだと、逆に気を使わずにゆっくりしちゃう。

 

お店が掲載されていたLAZDAを読みながら、食事の余韻を楽しませていただきました。

ご馳走さまでした!

昼時は駅からちょっとだけ足を伸ばして、まったりカツ丼を食べてみよう

うちごはん希では都会?の喧騒を離れ、落ち着いた雰囲気でランチを食べられます。
今回ご紹介したカツ丼だけでなく、カツカレーや日替わり定食も人気のようですので、ぜひ足をお運びください!

あんでぃ的には店主の希さんが気になります。
大好きな知夫話ししたいです!

合わせて読みたい

松江駅近辺のグルメ

ciistandシースタンド|松江随一のロールケーキを食べてみよ!

ままたまご松江店・駅高架下にオープン|絶品スイーツが松江に進出!

居酒屋まゆげ!?松江駅近くでコスパ抜群のハンバーグランチを発見

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です