観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

トリセツシマネの方向性

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

こんにちは、あんでぃです。

当ブログを始めてから約1ヶ月経ちました。

右も左もわからない状態から、悩み、もがきながら書き続けていますw

ここで、今一度、ブログをすることの目的を明確にしておきたい、と強く感じたので、まとめておきたいと思います。

トリセツシマネの方向性

トリセツシマネについてまとめると、

目的:書きたい欲求に純粋になり、社会になんらかのインパクトを与えること

現状:書いて伝えるスキルが未熟

手段:モチベーション管理をしながら、とにかく書いて伝えるスキルを磨く

対象:島根について興味がある人(旅行者など)、田舎生活に興味がある人(移住希望者)

テーマ:観光、移住・田舎生活およびそのためのスキルアップ、サービス・マーケティング

それぞれ掘り下げていきます。

目的:書きたい欲求に純粋になり、社会になんらかのインパクトを与えること

お金を稼ぎたい。

自分の意見を聞いてもらいたい。

とにかくこの商品やサービスや人を紹介したい。

などなど、ブログをする目的って人それぞれですよね。

ブログ開設当初、こういった理由がブログの目的だと思っていたのですが、よくよく考えてみたら出発点が違っていました。

こういった欲求よりもっと根幹の部分に、自分はただ、書きたいという純粋な欲求があるということ。

書いて、人の目に触れて、社会に何らかのインパクトを与えられるようになりたいということ。

それができれば、今自分が抱えている課題が解決するはずだ、という確信に近い思いがあることに気づいたのです。

純粋な欲求を無視したくない

理屈なく子供の頃に好きだったことって思い出せますか?

私の場合、放課後に友達の家に遊びに行くことでした。

鍵っ子だった私は、学校から帰宅すると、すぐさま自転車に跨り、友達の家に駆け込んでいました。

ランドセルを投げ捨てる瞬間の、「さぁ、遊ぶぞ!」というワクワク感。

友達のお母さんにおやつをもらい、スーパーファミコンやプレステで夕方まで遊び、

暗くなったら家に帰り、共働きの母親の帰りを待つ。

そんな毎日がとても充実していた記憶があります。

今、その瞬間を生きること、純粋に欲求に素直に従うことを楽しんでいたんだと思います。

 

大人になるにつれ、今その瞬間に自分の心が求めていることに素直になれないことが増えてきました。

「1日だらだら漫画を読んで過ごしたい、でもしなきゃいけない約束があるから。」

「本当は旅に出たい、でも仕事があるから。」

社会で生きていくには、仕方ないと諦めている自分。

そんな言い訳をすることが大人だと信じ込み、気づいたら40歳に近づこうとしていました。

ブログという自由なフィールド

ある日突然湧いてでた、「書きたい」という衝動

「何かのお告げではないだろうか?」

直感的に感じ、考え、悩んでいるうちに、ブログというものに出会いました。

いろいろな方がブログに綴っている思いに触れることで、ブログは自由だということに気づき始めます。

自分の経験や個性が、そのまま他の誰かにとって役に立つかもしれない。

そんな可能性を見出すことができたのです。

現状:書いて伝えるスキルが未熟

実は、昨年の8月に一度ブログを立ち上げています。

コンセプトを決めずに始めたものですから、書くテーマはその日の気分次第でバラバラ。

書きながら、何のため、誰のためなんだろう、と悩み始めます。

次第に、書くことが重荷になってしまいます。

そこで、ブログ運営に関わる本を読み漁り、書くということに真剣に向き合ってみました。

その中で気づいたのは、

・(人に読まれる上で)ブログを書くということに様々なスキルが必要だということ

・自分はその様々なスキルが未熟だということ

でした。

今の立ち位置を自覚することができ、じゃあどうする?という考え始めます。

自分の特徴を活かす

幸いにも、私は新しいことを学ぶことに前向きにできているようです。

ブログにはどんなスキルが必要なんだろう?と探っていくうちに、

まずは人に読まれるに値するスキル:ライティングスキルを身につけることだ、と感じました。

人に読まれるためのライティングには、ある一定のルールがあるようです。

論理的思考能力や読みやすい文体。

また、様々な本やブログを読んでいると、

「とにかく書け」

というメッセージを発信しています。

量が質を凌駕するということなのだと、理解しました。

手段:モチベーション管理をしながら、とにかく書いて伝えるスキルを磨く

スキルがないから書くしかない。

書く内容はどうしよう?

他の方に提供できる価値はなんだろう?

とても悩みました。

そこで、今の仕事の経験や島根に移住した視点を活かして、「島根に旅行にくる人」をターゲットにしよう、と書き始めました。

ただ、実際書き始めてみると、理想と現実のギャップに悩みます。

とにかく記事を書くのに時間がかかる。。。

どういった構成にしたらいいのか悩み、情報をリサーチして、わかりやすいように加工するのにどれだけの時間がかかることか。。。

1記事に4−5時間かかることもあり、今までの生活をしながらブログを続けることの大変さに気づきます。

そこで、今まで時間を書けていたことを全て、一旦わきにおくことに決めました。

SNSをチェックしたりだとか、友人との約束だとか。

ブログに集中する!そう決意したのです。

モチベーションの維持は思ったより大変

そう決意しても、やっぱりモチベーションの維持には気を使います。

私はもともと完璧主義で、完璧を求めるがゆえに、行動できないことが多々あります。

ブログもこうしなければいけない!と自分でハードルをあげすぎてしまい、書けなくなることがあります。

でも、ブログって本来、もっと自由なもののはずです。

今は、もう少し、肩の力を抜いて、自由な発想でブログに関わることでモチベーションを維持しようと考えています。

対象:島根について興味がある人(旅行者など)、田舎生活に興味がある人(移住希望者)
テーマ:観光、移住・田舎生活およびそのためのスキルアップ、サービス・マーケティング

そんなこんなで紆余曲折があり、とにかく量を書き続けるためにはテーマは絞りすぎないようにしようと思いました。

そこで、対象を

・島根への旅行者だけでなく、島根に興味がある人

・田舎生活に興味がある人

に広げて、テーマも、

観光、移住、田舎生活だけでなく、そのためのスキルアップ、新たなサービスやマーケティング

と幅広くしていこうと考えました。基準は自分が興味あること、書きたい・伝えたいと思うこと。

もちろんテーマを広げることで、トリセツシマネを訪れた方が、読みづらいと感じるかもしれません。

ただ、自分本意ではありますが、目的は書きたい欲求を満たすことなのです。

その中で社会へ何かしらのインパクトを与えるためには、スキル向上に全てのリソースを突っ込んでいきたいと考えています。

まとめ

長くなってしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございます。

 

トリセツシマネを始めて、自分の世界が拡がりつつあるのを感じています。

継続することの大切さを常に念頭におきながら、これからも粛々と書き続けます。

引き続きトリセツシマネを楽しんでいただけるよう、精進していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 島根の観光スポット情報 トリセツシマネ , 2019 All Rights Reserved.