観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

地元民が愛する天神さん夏祭り|祭り詳細や交通規制について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

<牡蠣職人のあだちゃん、さとみちゃんと松江城で出陣前の気合いを入れた一枚>

 

芒種を迎え、夏本番が刻一刻と近づいてきますね。

▼合わせて読みたい▼

6月6日は二十四節気の芒種を迎えます|芒種ってなんだろう?

じめじめした夏いやだー!と思う反面、夏っぽいイベントのお誘いにわくわくしてしまう。
相反する気持ちを常に同居させるアラフォーのあんでぃです。

さて、皆さんは毎年行われる松江天神さん夏祭りをご存じでしょうか?
クライマックスともいえる神輿は迫力十分。

「そいやーさー!そいやーさー!」

と、気合入った夏男、夏女達が、威勢のいい声を張り上げる様は、夏の暑さを吹き飛ばしてしまうというもの。

あんでぃは昨年、みこし担ぎに参加させていただきました。
喉が枯れるほど騒ぎ、翌日は筋肉痛に悩まされたことも、今となっては淡い夏の思い出です。

松江天神さん夏祭りとは?

松江天神さん夏祭りの開催される白潟天満宮は松江市天神町にあります。

白潟天満宮の例大祭(天神さん夏祭り)は毎年7月24日、25日に行われます。
松江開府以来約400年に渡り行われている伝統行事です。

見所はみこし渡御

天神さん夏祭りの見所と言えるのは、本宮・女みこしをはじめとして勇壮な練りを繰り広げる「みこし渡御」

こちらは2018年のみこし渡御の様子。
松江城までいった神輿が白潟天満宮に戻ってきたところです。

平成5年がターニングポイント

「そいやーさー」と叫ぶのは「ソイヤ担ぎ」と言います。
もともとは「わっしょい担ぎ」だったそうですが、平成5年に江戸前のソイヤ担ぎに変わったそうです。

きっかけは、江戸時代から続く文化財の宮神輿の老朽化。
これ以上破損がでれば、修理する宮大工もいないという状況から、新平成天神神輿【本宮】が制作されました。
平成5年の天神祭で初披露と同時に、ソイヤ担ぎが始まったそうです。

松江天神さん夏祭り 日程・スケジュール

今年の天神さん夏祭りのスケジュールは以下の通り。
なお、両日ともに、白潟天満宮周辺では多数の屋台が立ち並びます。
また、天満宮前のロータリーでは音楽演奏やダンスなどステージイベントが行われ、例年かなりの人出で平日とは思えない盛り上がりを見せます。

7月24日(水)

17:00 出御祭

19:00 松江城出発

20:00 鏡開き

21:00 天満宮到着

7月25日(木)

10:00 白潟天満宮 例大祭

18:30 天神太鼓vs南寺町鼕保存会

20:00 悪切神事

祭りの見所は?

祭りらしさを感じたいならば、迫力ある神輿を追いかけましょう。

神輿のクライマックスは鏡開き

特に盛り上がるのは、鏡開きが行われる天神町ふれあいプラザ(まめなか館)前です。

20時にここにくれば、汗にまみれテンションが上がった神輿担ぎたちの酒を煽る姿に、祭りを感じることでしょう。

ねじりハチマキの神輿ギャル

引用:出雲での今日、明日

2018年の天神さん夏祭りでは、男性は4色のチーム、女性は2チームでそれぞれ担ぐ位置を交代しながらのおみこしでした。
特に神輿ギャルたちは気合いが入っています。
自前の衣装を準備している人も多く、その神輿ギャルを撮影しにくるカメラキッズ(おじさん)も多数。
やっぱり女性の神輿は華がありますね。
外国人の参加者も多く見られました。

交通規制について

24日、25日ともに交通規制が行われます。

以下の画像でご確認ください!

【募集終了】みこし参加者募集要項

そして、今年も担ぎ手を募集していますので、少しでも興味持った方はぜひ!

応募方法

電話・ファックスなども可能ですが、以下公式サイトの申し込みフォームが一番簡単だと思います。
天神さん夏祭りの神輿担ぎ手の募集

応募要項 ※上記募集ページより抜粋

募集対象は、16歳以上の男女、各80名です。

天神さん夏祭り開催日:
令和元年7月24日(水) ※雨天決行

受付場所・時間:
女宮(女性) 白潟公民館/14時から

本宮(男性) 白潟公民館/15時30分から

参加費用:
1,000円 ただし、学生は無料です。

(保険料・クリーニング代等に充当します)

事前練習:
白潟天満宮境内にて、下記の日時で30分程度行います。

女性の方は、その後に衣裳の合わせも行います。
練習日:7月3日(水)午後7時 または 7月6日(土)午後1時

※衣裳(半纏、短パン、足袋)は、全て用意します。申込時に足、腰回りのサイズを記載してください。
※終了後、白潟公民館にて直会(打ち上げ)を行います。(参加費無料)

●当日用意していただくもの
着替え・タオルなど。
女性の方は、ヘアピン・ヘアゴムもご用意ください。
飲み物・軽食は準備します。
貴重品はできるだけお持ちにならないでください。

当日のタイムスケジュール:
14:00から 女宮(女性)受付・着替え
15:30から 本宮(男性)受付・着替え
17:00 出御祭(天満宮から松江城へ)
19:00 松江城出発
20:00 鏡開き
21:00 天満宮到着

天神太鼓メンバーも同時募集!
7月25日(木)18時30分からの天神太鼓にご参加いただける方も募集しています。
小学3年生~大人まで。ご家族での参加も大歓迎です!

(下記フォームからもお申込みいただけます)

お問い合わせ

事務局 西尾様 090-7504-8934
メールでのお問い合わせはこちら

主催:白潟天満宮、松江天神神輿連、睦会
後援:松江市

松江土着の夏祭り「天神さん夏祭り」で夏を感じてみよう

昨年神輿担ぎに参加した立場から、神輿はぜひ一度担ぐことをオススメします。
同じチームの人は最初は皆見知らぬ人。
でも、担ぎ終わったあとは達成感とともに昔から一緒にいる仲間のような気分になります。
身体の疲れ以上の充実感を味わえることは間違いなし。
せっかく楽しむなら、車の運転をしなくて済むようにしましょう。(昨年、酒を飲めずにめちゃくちゃ残念な思いをしたんです)

神輿参加しない方も、ぜひその熱を感じてみてください!

▼合わせて読みたい▼

2019年7月イベント・祭り・花火大会まとめ|島根県東部・鳥取県西部

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トリセツシマネ , 2019 All Rights Reserved.