観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

雨が楽しみになる和傘をゲットしよう!出雲しんもん横丁北斎グラフィック(出雲市)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

傘を買いたい!

雨の多い山陰地域において、傘は必須アイテムですね。
でも、今までずっとビニール傘だったり、無頓着だったのですが、そろそろ愛着の湧く傘が欲しいな、と思っていたのです。

以前、境港に和傘専門店ができたと聞いて興味を持っていました。

新たに出雲大社の神門通りにも店舗ができたとのことで、早速お邪魔してきました。

本記事では、
出雲しんもん横丁北斎グラフィック

の魅力をご紹介します。



和傘屋北斎グラフィックとは?

北斎グラフィックとは、「伝統の和傘を和柄とともに現代に蘇らせる、傘の新しいブランド」をコンセプトした、和傘専門ブランドです。

画像は、北斎グラフィック公式サイトより一部抜粋しています。
カラフルかつ和のデザインを取り入れた傘が非常に人気。2019年8月現在、日本全国に38店舗を運営、また通販サイトもあります。

山陰地方にあるのは鳥取県境港市の水木ロード店、島根県出雲市のしんもん横丁店の2店舗。

出雲しんもん横丁 北斎グラフィックの営業情報・アクセス

まずは出雲しんもん横丁 北斎グラフィックの店舗営業情報です。

店名 出雲しんもん横丁 北斎グラフィック
住所 〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築南833-3

駐車場 なし
電話番号 0853-31-9979
定休日 不明
営業時間 10-18時
ホームページ 和傘屋北斎グラフィック | 和柄・和風の傘専門店

※2019年8月16日時点の情報です。詳細はお店にお問い合わせ下さい。



出雲しんもん横丁 北斎グラフィックのアクセス・駐車場

出雲しんもん横丁 北斎グラフィックはその名の通り、出雲大社の神門通り沿いに位置します。

専用の駐車場はありません。
最寄りの無料駐車場「神門通り交通広場駐車場」を利用しましょう。

店舗から徒歩2分ほどの距離ですし、駐車台数も多いので混雑時でなければ大抵駐車することができます。

出雲しんもん横丁 北斎グラフィックにはどんな傘が置いているか?

入店して見上げると、様々な傘が開かれてディスプレイされています。
開いていあるので、お気に入りの柄を見つけやすい!

傘の並びにはデザインを記したPOPが貼ってあるため、開かなくてもイメージがつきやすいです。

こちらは透明傘(ビニール傘)。種類が豊富で、こちらも和柄が多め。
ちょっとおしゃれなビニール傘を狙っている方はこちらをどうぞ!

こちらは雨から頭を守ってくれる撥水加工の帽子。
雨の日に作業をする必要がある場合には重宝しそうですね!

UVカット、晴雨兼用の折りたたみ傘です。
柄も豊富に揃っています。

迷ったときはランキングから選んでみるのもいいかも!
女性一位はかわいらしい硝子菊柄でした。
男性一位は歌舞伎っぽい和柄、二位はなんとドラゴンレーダー柄!気になる方は開けてみてみて!



和傘の料金表

ざっくりと料金は、、、

  • 透明傘 1600円~
  • 折りたたみ傘 3600円~
  • 十六本骨傘 3900円~
  • 天然竹長傘 4900円~

といったところ。
一般的な傘と比べたら少し高いかもしれませんね。
柄などに愛着を持って、長く使うと思えば相応の価格でしょう。

我が家も傘を購入!

ってことで、我が家も夫婦そろって傘を購入しました。

十六本骨傘 3900円

妻が購入したのはこちら。
少し渋いかなーと思いましたが、他のカラフルなものだと、若く見えちゃうので、似合っているんじゃないでしょうか?
本人は柄がめっちゃ気に入ったようです。

天然竹長傘 4900円

私はこちらを購入。
好きな武将の一人、竹中半兵衛の家紋をモチーフにしたデザインです。
大きさも十分で、風のある日でもしっかり雨から守ってくれそうです。

傘、そろそろ買い時じゃない?

和傘屋さん、出雲しんもん横丁北斎グラフィックのご紹介でした。

傘を買うことって人生の中で何度もないですよね?せっかくならお気に入りの柄のものにしてみてはいかがでしょう??
雨の日のお出かけや通勤が楽しくなるかもしれませんよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です