観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

こだわりすぎのパン屋、パン工房アルムリーノ(奥出雲町)のあんぱんが絶品!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

奥出雲町に、かなりこだわりの強いパン屋さんがあります。
イーストを使わず、自家製酵母で手間暇かけて作るパン。
その味は一度食べたら忘れられないでしょう。

 

本記事では、パン工房アルムリーノの営業詳細とおすすめのパンをご紹介します!



パン工房アルムリーノの営業情報

まずはパン工房アルムリーノの営業情報のご紹介。

店名 パン工房アルムリーノ
住所

〒699-1701:島根県仁多郡奥出雲町亀嵩3609-1 亀嵩温泉 玉峰山荘

駐車場
電話番号 0854-57-0433
定休日 月曜日、火曜日
営業時間 9:00 – 17:00
席数 無し
支払い方法 現金
ホームページ http://almulino-pan.com/

※2019年8月31日時点の情報です。詳細はお店にお問い合わせ下さい。

パン工房アルムリーノのアクセス

パン工房アルムリーノは仁多郡奥出雲町の亀嵩温泉の敷地内にあり、駐車場も十分な広さがあります。

周辺には、

  • 駅舎が蕎麦屋となっているJR亀嵩駅
  • 酒蔵が併設された道の駅 酒蔵奥出雲交流館

など、立ち寄りたいスポットがありますよ!



パン工房アルムリーノのこだわり!

「おいしく安心して食べられるパン」作りをモットーにパン作りを続けてきたご主人。
お店に行くたびに思うことは、パンに対するあくなき探究心がすごい!ということ。

パンはイーストを全く使わず、すべてのパンに自家製天然菌酵母を使用。
平成23年に自然の中から天然菌酵母(奥出雲酵母)の採取に成功し、
平成29年に天然菌酵母(奥出雲酵母)を使用して自然酒を段仕込みすることで、自然酒酵母を採取することに成功しています。

天然菌酵母ってなに?
って思いましたが、自然の空気の中に含まれる菌を使って長い時間をかけて、発酵を促すみたいです。

「安く早く大量に」とは真逆の、「時間をかけて少量の」こだわりぬいたパン。
それがアルムリーノの特徴なんです。

店先に並んだこだわりパンたち

この日は16時頃の到着だったので、少し減ってはいましたが、

  • バゲット
  • イタリアンハーブ
  • 食パン
  • あんぱん
  • 塩パン
  • バターロール
  • メロンパン(出西生姜•黒糖)

が並んでいました。

アルムリーノのこだわりのパンを食べてみたよ!

この日は持ち帰って、翌朝アルムリーノのこだわりパンを食べてみました。

あんぱん 300円

こちらのあんぱんのこだわりは北海道さんの小豆を使用した自家製のあんこです。
一口たべるとわかるのですが、あんこの甘みが抑えめにしてあり、どちらかというとパン自体の甘みの方を感じるのです。
これが国産の自然栽培の小麦と自家製自然酒酵母の力なのか!と理解できる一品です。

おやつにするにはもったいない。
でも、また食べたくなる唯一無二のあんぱんです。

メロンパン(出西生姜) 300円

次にいただいたのはメロンパン。
こちらはあんぱんとは違い、
出西生姜のピリッとした辛味とザラメのようにふんだんにまぶされた種子島産甘蔗分蜜糖の甘味のコラボレーションを味わえる一品。
大人の向きのおやつパンです!

バゲット 710円

最後は人気ナンバーワンのバゲットです。
シンプルなだけにお店の特徴がよく出るバゲット。

アルムリーノのバゲットは、中がしっかり詰まっていて、一見ぱさつくのかなー?と思いきや、噛むととにかく柔らかい。
普段トースターで焼いて食べているのですが、何もつけないでそのままの甘みでパクパクいけちゃうバゲットなんです。



こだわりぬいたあんぱんを食べるなら、奥出雲町のパン工房アルムリーノへ

以上、パン工房アルムリーノのご紹介でした。

素材にも製法にもこだわりぬいたパンなだけに、値段はかなり高めだと思います。
ただ、値段に見合ったパン体験ができることは、普段からパンを食べまくっている私が保証します!

ぜひ一度、アルムリーノのパンを体験してみてくださいね!

▼亀嵩温泉の日帰り入浴をチェック!

亀嵩温泉玉峰山荘|奥出雲町でつるつるさらさらの日帰り温泉を味わおう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トリセツシマネ , 2019 All Rights Reserved.