観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

【体験談】米子市美術館で開催中!チームラボの展示で大人もしっかり遊んじゃった

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

山陰で初めて開催されているチームラボの展示「チームラボ学ぶ!未来の遊縁地」

玉造温泉にあるほっこり食堂繋がる根のかわいい姉妹と一緒に早速遊びに行ってきました。
会場の雰囲気などを動画と画像でお届けします。

▼イベント詳細はこちらにまとめています

チームラボが山陰米子に!前売りチケット・お絵描き水族館などアトラクションをチェック!



駐車場は離れた場所だった!

会場は米子市美術館。
初めて訪れる場所なのですが、付近にたどり着いて気づきました。
それは、駐車場が美術館そばではないということ。。。

そりゃーそうですよね、人気の展示ですから、離れた場所でも仕方がない。
ということで、付近の看板案内に合わせてウロウロしながら、四日市駐車場に到着。

ちなみに、会場入り口では提携駐車場2時間無料の処理機があるので、駐車券を忘れないようお気をつけください!

米子市美術館に到着!

そこからとことこ5分ほど歩いて、米子市美術館に到着!
平日ですが、結構な人がおりまして、、、

なんと60分待ちとのこと!

入り口で整理券をもらって、

当日券の方はこちらで先にチケットを購入します。

さぁ、60分の待ち時間何をしよう?

と思いましたが、どうやら隣の部屋に人が大勢いるので見に行ってみると、

チームラボカメラで記念写真の撮影ができるみたい。
撮った写真はQRコードで読み取ることができます。

また、マンガ本も多数用意されていて、大人も子供も時間を過ごせます。

小学生のかなめちゃん、マンガに没頭中。

館内に飽きちゃった〜って場合はお外に出てみましょう。

「-40℃の衝撃」
「つぶつぶの新食感アイスクリーム」
のdipping’ dotsアイスクリーム屋さんが出店しています。

味もたくさん種類がありまして、子供たちも何味にしようかと目を輝かせていました。
チームラボの展示会期中は常にオープンしているとのこと。

嬉しいのはすぐ向かいに米子市立図書館があること。
今回初めてお邪魔しましたが、広々とした図書館で、お子様向けの書籍コーナーやマンガコーナーが充実していました。

アイス食べたり、本を読んだりしているとあっという間に60分は過ぎていきました。



いざ会場へ!

会場は1階と2階に分かれていまして、まずは2階へ向かいます。

アトラクションは全部で5つ。動画を交えてご紹介していきましょう!

光のボールでオーケストラ

暗幕をくぐり抜けると、真っ暗な会場には様々に光る大玉たちが、、、
子供たちがはしゃぎながら大玉を転がしたり、乗っかったり。(乗っかるのはNGらしいですw)

ここは大勢いると大玉で遊べないので、混んでいる場合は他のところで先に遊ぶことをお勧めします。

小人が住まうテーブル

続いて隣の部屋にうつると、大きな丸いテーブルが3つありまして、テーブル上がキラキラと輝いています。
そこには、たくさんの小人さんや牛さん、太陽や雲などが動き回っています。

手を広げて小人さんを誘導したり、食べ物を食べさせてあげたり、、、
子供に混じって、大人たちも本気で遊べちゃうんですよw

天才ケンケンパ

続いては昔なつかしのケンケンパ。
子供の頃を思い出します。
アスファルトにチョークで丸をして、順番に飛び跳ねていた時代を。

時代が変われば、ケンケンパもデジタルになるわけですね。
でも、子供たちにとってはアナログであろうがデジタルであろうが関係ないということでしょう。
3歳くらいのお子さんから小学生まで、何度も何度も繰り返しケンケンパしていましたよ。

まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり

続いて隣の部屋へ。
広いお部屋の壁一面には、原始的な世界が広がっています。
上から落ちてくる象形文字に触ると、その文字の意味する、象や鳥、山や川が映し出されます。

もともとの文字は形からきているものがあるんだ、ということを、体感的に感じることができるアトラクションです。

お絵描き水族館

最後は一階におりまして、チームラボ展示の中でも特に有名な、お絵描き水族館へ!

こちらでは、魚の下書きがされた数種類の絵から好みのものを選んで、

お絵描きコーナーで自由に描きます。

「ほっこり食堂繋がる根」と「トリセツシマネ」の宣伝をかねてお絵描きしてみましたw

絵が描き終わったらスキャンしてもらって、水族館に自分の魚が泳いでくるのを待ちます。

自分の魚が投影された時の喜びは、子供も大人もリアクションは一緒でしたw

缶バッジファクトリー

お魚さんを泳がせて、会場から外にでると、缶バッジファクトリーがあります。

ここでは、自分が描いた魚さんを缶バッジにすることができるのです。
2種類までのお絵描きを組み合わせることができ、世界に一つだけのオリジナルバッジになりますよ。(一つ500円)
いい夏の思い出になりそうですね〜!



一遊びしたらお腹すいちゃった!

しっかり遊んだら腹ごしらえへ!
そんな時はチケットの半券を握りしめて、提携の飲食店に向かいましょう。

多くの提携店で、ドリンクサービスなど協賛しています。
会場すぐ近くのお店が多いので、米子グルメを楽しんじゃいましょう♪

米子市美術館のチームラボ展示は9/3(火)まで!

今回は期間限定の展示のため、2019年9月3日までとなります。
残り期間わずかとなりました。

ぜひお子様との思い出作りに山陰初のチームラボ展示をお楽しみください!

▼展示の詳細や駐車場情報などはこちらをチェック!

チームラボが山陰米子に!前売りチケット・お絵描き水族館などアトラクションをチェック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です