観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

全国で4例目!トキの観察施設を公開|出雲市トキ分散飼育センター

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

日本の天然記念物に指定されているトキ。

平成23年から出雲市で飼育されていましたが、鳥インフルエンザなどの感染対策から一般公開はされていませんでした。

しかし、2019年7月より、飼育・繁殖を行う「出雲市トキ分散飼育センター」に隣接した公開施設で観察することができるようになりましたよ!

出雲市トキ分散飼育センターの公開施設は、全国で4例目!

公開される出雲市トキ分散飼育センターは、新潟県佐渡市・長岡市、石川県能美市に次いで全国4例目となります。

なぜ出雲にトキが?

実はトキ飼育は出雲市と中国の漢中市との友好都市としての証でもあります。

平成8年に友好都市協定を締結し、平成12年からは朱鷺生態園のトキを、市民などの寄付金によって「認養」(飼育繁殖の資金支援を実施)しています。

平成15年に日中両国間で締結された日中トキ保護計画にて、佐渡トキ保護センターにおいて飼育するとされたのですが、平成16年に「トキ保護増殖事業計画」は変更され、分散飼育の考え方が取り入れられます。

トキの分散飼育地として認めてほしい出雲市は、漢中から講師を呼んで講演会を開催、飼育員の養成、トキ近似種の飼育を開始。

その努力の甲斐あって、出雲市は平成20年には分散飼育地としての決定を受けます。

翌年から出雲市トキ分散飼育センターを建設、平成23年1月22日に佐渡トキ保護センターから2ペア(4羽)のトキが出雲にやってきて、出雲での分散飼育が開始されます。

このように、出雲市トキ分散飼育センターでのトキの飼育は、もともとは中国の漢中市のトキを育てたいという思いからスタートしているのです。

なお、出雲市トキ分散飼育センターは、JR西出雲駅から徒歩13分、しまね花の郷と隣接された施設になります。

出雲市トキ分散飼育センター 開館情報

施設名称:出雲市トキ分散飼育センター

住所:島根県出雲市西新町2丁目1039-3

公開期間:2019年7月1日(月)~12月28日(土)
【7月~9月】10:00~16:00 /【10月~12月】10:00~15:00

休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)

協力金:トキ保護・繁殖の普及啓発のため、協力金(200円)をお願いします。
(※公開施設に設置のガチャ機を1回まわすことができます。)

お問い合わせ

<出雲市トキ分散飼育センター>
〒693-0037 島根県出雲市西新町二丁目1039番地3 [MAP]
TEL:0853-20-1350

<出雲市トキ学習コーナー>
〒693-0037 島根県出雲市西新町二丁目2456番地2 [MAP]
TEL:090-4141-4077

島根で飼育されたトキを鑑賞してみよう!

日本でも珍しいトキの繁殖・飼育施設、出雲市トキ分散飼育センターのご紹介でした。

公開期間は12月28日までなので、この機会に鑑賞に足を運んでみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です