観光業界の経験7年間の移住者が、奥深い島根の魅力を発信します!

2019年12月7日は大雪|冬ごもりが始まる時期にしっかり事始めをして新年を迎えよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

前回の二十四節気、小雪(しょうせつ)から約2週間経過すると、冬の三番目の暦、「大雪(たいせつ)」を迎えます。

本記事では、大雪の特徴やさらに細かい暦「七十二候」についても解説します!

▼二十四節気とは▼

1年を24分割して、その分割点を含む日に季節を表す名称を付けたもので、中国の戦国時代の頃に作られた。月の動きをもとにした太陰暦では毎年季節のずれが生じるため、季節を春夏秋冬のように太陽の位置で区分した。

二十四節気には12の節気と、12の中気があり、別で72分割した細かい暦:七十二候、また日本の風土に合わせた暦として雑節がある。

中気で有名なものは、二至二分(にしにぶん):夏至、冬至、春分、秋分
節気で有名なものは、四立(しりゅう):立春、立夏、立秋、立冬


大雪はいつ?大雪の特徴は?

2019年12月7日から12月22日に迎える「冬至(とうじ)」までの期間が大雪です。

名前の通り、積雪が多くなる時期ですが、山岳地方だけでなく平地にも雪の観測が目立ち始めます。

スキー場のオープンなど、ウインタースポーツが始まったり、動物が冬眠に入る時期でもあります。

 

12月8日 針供養

日本では「事八日」に1年間お世話になった道具を片付け、供養する文化があります。

関東では2月8日、関西では12月8日に行われることが多いようです。

(事とはお正月の神事のことで、12月8日と2月8日に行う行事を総称して「事八日」といいます。)

 

事八日の代表的な行事が「針供養」。

女性にとっては大雪な仕事道具であった針を感謝の気持ちを込めて供養します。

柔らかい豆腐やこんにゃくに刺し、川に流したり、神社に納めたりして、裁縫の上達を願っていました。

 

全てのものに神が宿ると信じていた日本人ならではの素敵な行事ですね!

 

12月13日 煤払い(すすはらい)

煤払いとは、新たな年に歳神様をお迎えするにあたり、家の内外の煤(すす)や塵(ちり)を掃除する行事。

歴史は古く、平安時代から行われていたと伝わっています。

江戸時代に入ると、12月13日が江戸城での煤払いの日だったため、民間でも12月13日に行われるようになりました。

年末の大掃除とは違い、歳神様をお迎えする信仰的な行事です。

 

大雪の期間の七十二候は?

大雪の七十二候は以下の3つに分かれます。

七十二候

初侯:閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる) : 天地の気が塞がって冬となる
次候:熊蟄穴(くま あなに こもる) : 熊が冬眠のために穴に隠れる
末侯:鱖魚群(さけのうお むらがる) : 鮭が群がり川を上る

初侯:閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる) : 天地の気が塞がって冬となる

閉塞で空寒くと読みます。

重く広がった灰色の雲が空をふさぎ、今にも雪が降り出しそうな空模様を「雪曇り」と言います。

特にこの時季の日本海側の空は、この言葉がぴったりと当てはまる時期です。

山はすっかり雪化粧をし、平地にも寒風がふき、全国的に冬一色になっていきます。

 

次侯:熊蟄穴(くま あなに こもる) : 熊が冬ごもりのために穴に隠れる

熊が冬ごもりのために穴に入るころです。

冬ごもりの間は何も食べないため、熊はその前に大量の木の実や果実、動物の肉など摂取します。

ただ、わずかな物音やにおいなどの刺激で目を覚ますほど、眠りは浅いそうです。

このため、クマの場合は「冬眠」ではなく「冬ごもり」という言い方をするそうです。

 

末侯:鱖魚群(さけのうお むらがる) : 鮭が群がり川を上る

引用:北海道likers

鮭が群れをなして川を上っていく頃。

川で生まれた鮭は、海で大きく育ち、産卵のために故郷の川へと帰っていきます。

鮭は海中で1~5年過ごすとされていますが、不思議なことに彼らは自分の生まれた川をよく覚えており、長く海で生活した後でも、ほとんどの鮭はもとの川に戻ってくるそうです。

その理由は鮭の鋭い嗅覚によるものだと考えられています。

 

ちなみに、鮭の身は赤いので赤身魚と考えられがちですが、速筋という白い筋肉からできているため、白身魚です。

その身の赤さはよく食べている甲殻類の赤さからきているそうです。

 


大雪を迎え、動物たちも冬ごもり。事始めに

二十四節気「大雪」と七十二候のご紹介でした。

動物たちも冬ごもりのこの時期に、気持ちよく新年を迎える準備をしておきましょう。

 

 

▼この時期の島根県のお出かけ情報はこちら!

2019年12月|島根県東部(松江・出雲他)イベント・お祭りまとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
あんでぃ@しまね
30代後半に突入したもはやおじさん。 数年前に神話の国にドロップインしたところ、島根県の奥深さにどっぷりとハマる。 慣れない旅館業で四苦八苦しながらも、仕事の合間に田舎生活を満喫しつつ、島根情報を発信中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です